金のなる木
ホーム 日 記 プロフィール オークション 掲示板 ブックマーク お買い物一覧



(1)なぜ日本にはゴミが多いのでしょうか?


     ビニールの包装紙やトレー、パックはいらない。


夢の島にあるゴミの6割は、コンビニやスーパーで買った際に使ってあったビニールの袋や魚の切り身を入れてあったトレー、それを覆ったラップ等です。

TVでケニアのマータイさんが出て、「もったいない〜ですねー」なんて言われるので、それらの事が分かりました…

日本人はハイブリッドカーを発明したのに、自分が出しているゴミの処理をいまだに解決できないでいる…本当でしょうか?

月にロケットを飛ばせる時代に、自分の出したゴミを何とかできないなんて〜。考えられませんよね。

そのゴミを燃やすと、猛毒のダイオキシンが出ます。

どうします?なんとかしたいですよね〜…^^;
私があらためて、考えさせられた小冊子をご紹介しますね。
非売品ですけど…



[季刊 伸びる 越える 進むー2006年春季号、KUMONーを読んで]

ー誌上公開セミナーー地球環境入門講座ー
****ネットワーク『地球村』代表 高木善之さん****

■ゴミ問題
〜なぜ日本にはゴミが多いのか〜

日本はゴミの焼却場が飛び抜けて多いことが分かります。
その理由は、1人当たりのゴミの量が他の国よりも10倍ぐらい多いからです。

日本はなぜゴミが多いのか。
それは商品の売り方が違うからです
外国ではバラ売りが普通ですが、日本ではパックになっているのが普通です。
それはパックにしてバーコードを付ければお勘定が能率よくできるからです。
その結果、パックの発砲スチロールやビニールがゴミになるのです。
パックをやめればゴミは10分の1に減ります。

ドイツやイギリス、フランスでは、発砲スチロールや塩化ビニールからダイオキシンがでるので、製造も使うことも売ることも燃やすことも禁止されています。日本は禁止していません。
これはおかしいですね。
皆さんが使っている学用品にはプラスチック類が沢山あります。
でもほとんどの国にはないのです。
環境や体に良くないということで、小学校に入る時に「プラスチックの製品はだめですよ」という通知が来るからです。

「ノートも上質紙はだめ、リサイクル紙のノートを使ってください。」
「消しゴムもだめ。消す時は線を引いて消しましょう。」という徹底ぶりです。
このように生活の色々な場面で「こうしましょう」ということが決まっていますが、日本ではそんなことは決まっていません。





[管理人]

日本人は「宇宙船戦艦ヤマト」のような漫画を描いて、TVや映画にして、それを見るのをすごく好きで、とても平和を愛する、地球を愛するいい国民なんだな〜なんて、ノ―天気なことを考えていたのは私だけなのでしょうか?

原爆は良くないよ。被爆すると体に良くないよ。だから戦争もだめ!仲良くしないと。
…なんて…日本人の優位性をなかば自慢したいくらいだったのですが。

この本(非売品)を読んでみると、日本人が世界でも飛び抜けて、環境を破壊している国民だという事が分かってきました。
ダイオキシンについては知らなさすぎですよね〜

がっくりですネ。
もっと自分の国がしていることを認識するべきです。
もっともっとまわりの国と自国とをくらべて、日本という国を分析し、どう導くべきか考える必要がありそうです。

私はこの公文(くもん)の誌上セミナーを読むことが出来て幸せでした。
調度、息子たちが公文で勉強しており、この小冊子をもらって返ってきたみたいで。人生を見つめる内容が少し変わりました。

高木さんは大阪大学を卒業され、28年間松下電器に在職された後に、このような講演会をされるようになったようです。

著書は「生きる意味」、「非対立の行き方」、「本当の自分」、「転生と地球」などがあります。

高木善之さんの著作(rakuten books)
公文BOOK




////////////////////////////////////////////////


相互リンク希望の方は、当サイトをリンクしたページをメールに張り、御サイトアドレスをお送り下さい。(ただし援交関連などはお断り致します)

左のバナーをご利用の方は、以下のタグをコピペしてください。
<A href="http://success.flash1234.net/index.html" target="_blank"><IMG src="http://success.flash1234.net/image/money.gif" width="87" height="29" border="0"></A>
-----------------------------------------------------
<<BACK//HOME//NEXT>>
-----------------------------------------------------

成功法則
リンク

フリーページ
(31)漫画家を残酷に裁く私
(32) フラッシュメモリー
(33) 看護婦さん
(34) 仕事が夢と・・
プロフィール
人生は迷路です。
しかし、河があれば橋を架けて渡ることも可能なのが世の中というものです。
少しの知恵があれば、諦(あきら)めないで済むこともありますから。。。

(C) success 2009